リプロセッシング再生処理 reprocessing

リプロセッシング再生処理について

それぞれの環境、状況に適したリプロセッシングを提案。

当社は1990年に、国内で初めてウォッシャーディスインフェクターの概念である、自動洗浄消毒技術を中材業務研究会において紹介いたしました。
後年、当概念を事業化することで、ウォッシャーディスインフェクターを日本で初めてヘルスケア市場に導入し、自動処理による医療従事者の負担の軽減、及び残留毒性がなく経済性に優れる熱水消毒の普及へ繋げた実績がございます。また2002年には、メディカルシーラーの革新とも言えるロータリー式シーリング技術の啓蒙活動を行うなど、再生処理のパイオニアとして、現在にいたるまで多くの先駆的な役割を果たしてまいりました。これらの実績をもとに、再生処理環境・プロセス解析の調査、洗浄評価インジケーターや各種測定技術を利用した分析・評価を行い、さらなる総合的なコンサルティングに取り組んでいます。私たちは、これからも病院経営のご期待に沿える施策や対策として ‘Smart Reprocessing’をご提案いたします。

※医材と滅菌 No.39 1990 Oct ISSN0911-0852 IZAI to MEKKIN