製品情報 Products

高周波処置用モノポーラ電極

コブラ

コブラ
コンセプトはデザインの洗練による原点回帰

the newest energy-based devices

ヘラ型の電気メスは現在でも多くのメージャーな手術において、切離、凝固、剥離の手技に多用されています。従来のヘラ型では、周囲の組織が見えにくかったり、別の鉗子と干渉したりすることがあります。また、微細な組織を、より繊細に剥離・切開するためにヘラの形状、厚さに対し繊細なデザインが要求されます。このような背景の下、このCobraが誕生しました。先端のヘラを必要最低限に絞り、中枢側に可能な限りテーパリングさせ、シャフト径の範囲で可能な限りdouble bendさせたそのデザインは、その名のごとくコブラヘッドの様相です。これにより、手前にある臓器を這うように乗り越えて背後の組織にアプローチが可能になります。電気損傷を防ぎつつ太い血管周囲の組織を剥離する際も、血管を回り込んでアプローチが可能です。
従来のヘラ型電気メスのデザインに改良を加えることにより、自由度が加わったごとく、より繊細な操作が実現されました。コンセプトはデザインの洗練による「原点回帰」です。

一覧に戻る