製品情報 Products

TMJシステム

TMJシステム
従来より行われている腹腔鏡下手術によって手術時に出来る傷を極限まで小さくして患者様の負担をより少なくする目的で開発されました。

TMJ システムの構成
平成24年度ものづくり認定製品(第13回)受賞
http://www.pref.chiba.lg.jp/sanshin/hanro/monozukuri/h24.html

TMJ鉗子

一方のTMJ鉗子でTMJクリップをつかむとTMJクリップの向きが変わり、もう一方のTMJ鉗子がTMJクリップをつかみやすくなる構造になっている。写真① TMJ鉗子がTMJクリップをつかむとシャフトに対してクリップが一定の角度になり臓器等を把持しやすくなる。写真②〜③(鉗子先端部にラインがあり写真 ④、つかむ際のガイドにもなっている。)又、TMJクリップを腹壁外から牽引等の操作をすることで通常の腹腔鏡下手術用器具の使用時と同等の手術が可能になり、手術後に出来る傷が極限まで小さくできる。

手術での使用例

手術での使用例

TMJ鉗子(左)でクリップをつかむ

TMJ鉗子(右)で挟みにいく

TMJ鉗子(右)でクリップを広げる

TMJクリップで部位を挟む

一覧に戻る