製品情報 Products

内視鏡外科手術器械

BJインスツルメント

BJインスツルメント
BJ instruments シリーズは単孔式内視鏡手術やNOTESの補助鉗子として、または通常の内視鏡下手術において、手術創を小さくする目的で開発しました。
「小さなきず」から「見えないきず」へ

MiSSiON for Life 「-先端内視鏡外科研究所-」のHPでBJニードルを用いた胃壁の腹腔鏡下縫合手術が紹介されました。
シングルアクションのBJニードルを用いた腹腔鏡下胃部分切除手術の「胃壁の縫合シーン」がビデオ(2倍速)で視聴できます。
http://www.islandclinic.jp/cn_surgery/suturing_BJneedle.html

「小さなきず」から「見えないきず」へ

Add the needle というコンセプト
「減らす」から「足す」へ


通常の腹腔鏡手術からポートを減らしたり、ポートのサイズを小さくしたりすることがReduced port surgeryのコンセプトですが、BJ needle Rを単孔式手術に「足す」ことにより,技術的難易度が下がり、整容性を損なうことなくReduced port surgeryのコンセプトを実現できます。また,通常の内視鏡下手術の困難な局面においてBJ needle Rを「足す」ことにより、困難が打開されることもあります。まさに、Add the needle;Anee(アニー)コンセプトは、いかなる内視鏡下手術においても効果を発揮します。

一覧に戻る